ゆかた姿もすてきです!

フリーアナウンサーの井上沙織さんがゆかたの着付けに来てくださいました。実は着付けにいらしていただくのは2回目なのです。とてもうれしく思っています。


今日、第44回千葉市民花火大会「幕張ビーチ花火フェスタ2022」が開催されました。3年ぶりの開催になるそうです。
その「幕張ビーチ花火フェスタ」が放映されて、リポーターとして出演されるとお聞きして、緊張しながらも楽しくお着付けをさせていただきました。

前帯の感じは、井上さんのお好きな雰囲気を、このようにしたら?とか、この方がよいかしら?とかお喋りしながら決めました。また、帯結びは、長い時間たってリポートをされるとのことでしたので、形が崩れずらい、でも華やかさのある帯結びにしました。

20220806_142343.jpg


井上さんの「幕張ビーチ花火フェスタ」の様子がYouTubeで見られます。
花火会場をリポートされている、井上さん、明るくさわやかな感じで素敵です。
ゆかた、とてもお似合いでした。

敷石の間からお花!

敷石の間から芽を出して花を咲かせたお花、来年はきれいに咲いてくれるでしょうか?心配しています。
お花の芽を出した場所は、千葉駅公園口から千葉駅前教室に向かう交差点なのです。角にあったお家から種が落ちたのでしょうか?土の中に花根があったのでしょうか?敷石の狭い場所から芽を出して、きれいなお花が咲いて、いつも楽しませてくれています。
7/16撮影20220716_103824.jpg




今、角のお宅がなくなって14階建てのマンションを建てる工事が始まっているのです。このお花が来年咲いてくれるでしょうか心配です。



7/20撮影20220727_094755.jpg


どうかきれいなお花が来年も見られますように


20220720_093836.jpg
 のところに咲いています。

続きです。

昨日、ブログをアップしてから、千葉駅前教室に出掛けました。敷石の間からのお花が新しい花芽をつけてきれいに咲ていたのです。その可憐さにうれしくなりました。
7/30 10:3620220730_103643.jpg



朝、きれいなお花を見てうれしくなったこともつかの間、夕方の帰りに見た時…………

 18:3620220730_183605.jpg





お花に「がんばって~!」と声をかけたくなりました。

帯の仕立て直し

15年くらい前に染めてもらって、毎年夏の初めから楽しみにしめていた、絽名古屋帯(美也子帯)を仕立て直しました。実は体型が変わって思うように前の柄が出なくなったのです。
夏帯で、薄さがあって他の生地を継ぎ足すことがむずかしいと思いましたので、いつも仕立てをお願いしている、米津帯屋さんに相談しました。
20㎝ぐらいしか取れないけど、たれの元(裏側)から帯地を取って別布にして、手先に足すのが一番きれいに仕立てられるということで、そのようにして直していただきました。たれの元から取った帯地20cmぐらいは、たれ先から55㎝ぐらいのところ(しめて縫い目が分からない位置)に足してくださいました。
とてもきれいに仕立てていただいて、柄が自分の思う位置に出るようになり、安心してしめられる帯になりました。


20220624_144546.jpg
生地をとった場所は別の布になりましたが、お太鼓では枕の裏側になりますので、ほとんど見えません。
の印の場所が帯地を足したところです。とてもきれいに縫ってありますのでようく見ないと分かりません。仕立て技術のすばらしさを感じました。

着物持参で旅行へ!2022年6月 ④

水上、谷川岳は自然の中ですので、自然散策を楽しむ予定でしたが、群馬各地で最高気温の暑さに3日目は計画変更して、行きたかったガラス工房に行ってきました。

IMG_9477.JPG

人の手で作くられたものはどのようなものでも温かさを感じます。手作りのグラスも、ぜひほしいと思っていました。ひとつひとつ表情が、グラスの柄、形、厚さなど微妙に違うのです。ショップで気に入ったグラスを見つけて、その中から、見て、触れて、気に入ったものを探します。選ぶ時、そして、帰って飲み物を飲む時が楽しみです。
20220703_202430.jpg買ったグラスはどれもとても気に入っています。小さいグラスは盃なのですが、私のワイングラスです。その他はいつもの食事の友、梅酒のグラス、そして普段の飲み物用です。色のついたグラスは、飲み物を入れたらどのような感じになるのかしら?と思って買い求めましたが、グラスの色と調和してきれいです。
グラスは、毎日の楽しみ、そして見ての涼しさをプラスしてくれています。



IMG_9437.JPG
IMG_9438.JPG

着物持参で旅行へ! 2022年6月 ③

 谷川岳

IMG_9369.JPG

旅に出た日に梅雨明けが突然宣言されて、二日目は快晴になり、急遽谷川岳に行くことにしました。途中、上越線土合駅(地下駅)の地底に向かう大階段を見学してから、谷川岳ロープウェイ駅に向かいました。ロープウェイとリフトを乗り継いで標高1500メートルの天神平峠まで一気に上り、展望台から360度展望の谷川岳を楽しむことが出来ました。
谷川岳は、ベテランの方が登る山、ロッククライミングの山として有名ですが、一の倉沢までのトレッキングコースがあったり、電気自動車が運営されたりして、一般の方も楽しむことができることが分かりました。

IMG_9237.JPG

IMG_9373.JPG



この日は、谷川温泉の旅館「せせらぎ」に宿泊をしました。ここは18年前に今は亡き母と泊まった旅館ですが、母は「せせらぎ」さんがとても気に入って、1年後にまた出かけて宿泊した思い出がある旅館なのです。
IMG_9402.JPG
今回はほんとに久し振りの宿泊でしたが、20年近くたっても良いところを残して運営されていると感じました。リピーターさんが多いことお聞きしてなるほどと思いました。
IMG_9425.JPG


帰るとき、女将さんと若女将さんがお見送りに出てくださいましたが、暑い中、お二人ともきちんとされてお着物でした。このことも良いところを残されている、女将さんお二人のお気持ちを感じ、感激でした。
女将さんと一緒に写真を撮らせていただきました。絽の染帯は山百合でしょうか、お似合いで素敵でした。

 金盛館「せせらぎ」http://www.seseragi.co.jp/

着物持参で旅行へ! 2022年6月 ②

 「 天一美術館 」
IMG_9343.JPG
IMG_9322.JPG

谷川温泉にある天一美術館を訪ねました。山々に囲まれた谷川温泉の高台に建てられた美術館で、銀座にある天ぷら店老舗「天一」の創業者.矢吹勇雄氏のコレクションが展示収蔵されています。建物は建築家、吉村順三氏が「環境との調和と居心地の良さ」を追及されて作られたそうで、展示された絵をゆっくり鑑賞できる空間でした。

20220703_162530.jpg
20220703_162621.jpg
20220703_162654.jpg


IMG_9354.JPG
静かなたたずまいのなかで、一枚一枚の絵をゆっくり親しみをもって見ることが出来ました。着物で出かけたことも私にとって良い時間になりました。

絵を見終わった後、受付前のソファーでハーブティーのうれしいおもてなしがありました。
(館内は写真撮影禁止で残念!)

 *着物は6月末ですので絽縮緬、帯は鉄線の染帯「美也子帯」にしました。

着物持参で旅行へ! 2022年6月 ①

今までコロナ感染が怖くて出かけられなかった私でしたが、感染対策が身についてきたこと、そしてどこに出掛けても出先でしっかりとした感染対策をしていますので、出かけることの不安が少しなくなってきました。

膝を少し悪くしたので温泉に出掛けることを考えていて、今週2泊3日で水上・谷川温泉に車で旅行をしてきました。6月末までの県民割り、地域券を利用しての旅です。

今回の旅行でもう一つの楽しみがありました。谷川温泉の小さな美術館「天一美術館」があって、ぜひ行きたい美術館でしたし、着物で絵画鑑賞をと思いました。着物持参ですと荷物が多くなりますが、車ですのでその点は気になりません。
20220703_120621.jpg大きい方の着物バックにして、洋服、その他も入れることが出来て旅館への持ち運び、使用も楽にできました。

出かける前はまだ梅雨が明ける予報は出ていませんでしたので、雨ゴート、雨下駄も車において置けますので持参しました。

今回、着物での時間を楽しく過ごすことが出来ましたので、コロナ感染がなくなって出かけられることを願って、新テーマ「着物持参で旅行へ!」を作ってみました。