テーマ:

お雛様の帯

4月3日は月遅れのお雛祭りです。今、旧暦でお雛祭りをされる方は少ないと思いますが、我が家は今年も今日までお雛様を飾っています。 今日は千葉の教室で授業がありましたので、帯は「お雛様の帯」にしました。この帯のお雛様は伯父のデザインで、前の柄は美也子さんがデザインして染めてくれました。地色は春の色をイメージして美也子さんが選ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帯の洗い張り

帯は洗うことがむずかしいと言われています。帯は厚手の織ですし、織り方、絹糸の太さ、金糸の織り込みと帯によって違ってきます。ですので、洗いに出すことはあまりしませんし、洗ったらダメという方もいます。塩瀬の帯は洗い張りに出せるのですが、汚れがひどく無いかぎり洗いに出すことはしないのです。 写真の帯は20年前くらいに叔母(本間美也子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帯の仕立て

着物は自分の寸法がありますので、着やすい着物になるように仕立てられると思います。でも、帯は仕立てをお願いしてもそんなに気にされないでお願いする方が多いのではないでしょうか。 和裁を習っていた時、先生に「帯の仕立ては帯屋さんなのよ!」とお聞きしました。帯は仕立てができても、やはり帯屋さんの仕立てがきれいで締めやすい帯になること話されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more