着物持参で海外旅行へ!2018年9月 ⑤

先週5日、無事旅行から帰ってきました。お天気に恵まれて楽しい旅ができました。
画像

旅行では着物を無理なく持参できるようにいつも心がけています。重さがありますし、しわになったら大変です。今までは薄めの着物バックに入れて行きましたが、今回は着物バックの厚手のものを使ってみました。バックの重さは少しありますが、移動が安心してできました。(バック、ぞうりの他は全部入っています。)
画像帰りの飛行機でその良さを感じました。着物バッグを私の旅行バックに入れて機内持ち込みにして、その分スーツケースにお土産などの荷物を入れることができ、そして着物もしわにならないで持ち帰ることができました。



今回、乗り物でのアクシデントに何度もあってしまいました。
行きに空港からリヨンまでTGV(新幹線)を利用したのですが、乗ったTGVに支障があり、遅れたのです。その遅れ解消のために停車予定のリヨン駅を通過して、110キロ先の駅まで行ってしまったのです。車内アナウンスはフランス語のみで私たちにはまったくそのことが分かりませんでした。日本では考えられないことです。次の日、観光予定があったので、深夜、タクシーでリヨンまで戻りました。

帰りの飛行機もアクシデントです。イギリスのヒースロー空港経由で帰ってきたのですが、パリ発ヒースロー便の飛行機が遅れて日本までの飛行機に乗り遅れたのです。幸い、次の飛行機に空席があって、スムーズにチケットの交換ができたので無事帰ってくることができました。次の飛行機は夜便で10時間後でした。せっかく、ロンドンにいるのだからとロンドン観光(バッキンガム宮殿やタワーブリッジなどを急ぎ足で)をしました。思いがけずうれしいプレゼントになりました。
ロンドンブリッジ画像


ロンドン・アイ(観覧車)のある公園でかわいいリスの会いました。画像






日本に着いても乗り物アクシデントが続きました。京成電車が台風の塩害で停電不通、総武快速が一部線路陥没で運休で、遠回りで帰ってきました。
旅行は思いもかけないことが起こったりしますが、ほとんどのことは楽しい思い出になります。そういうことも旅行の楽しみに思えます。
行くまでの楽しみ、旅行中の楽しみ、帰ってから思い出としての楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック