振袖体験!

お世話になっている方から、「カザフスタンのアスタナから来ているお嬢さんに振袖を着せてあげたい」というお話があり、教室で着付をして差し上げました。

カザフスタンは中央アジア諸国の中で一番大きく、日本と友好的な国です。首都アスタナは日本の建築家 黒川紀章氏の都市計画案に基づき開発が続けられていて、近代的で未来都市を思わせるような美しい首都だそうです。
おふたりは、日本に来て日本語を勉強したい希望を持っていて、下見を兼ねて観光に来られたそうです。


夏空のとても暑い日でしたが、お振袖を着てみました。
お振袖は、教室の教材の中から、サイズを見て、好きな色、柄を選んでいただきました。暑かったのですが、簡単に早く着られるように、お振袖は洋服の上からお着せしました。半襦袢を着ていただいて、そして紐類はきつくならないようにしましたが、その他は変わらない振袖の着付でお着せしました。
おふたりとも、「美しい!美しい!」と とっても喜んでくださって、ポーズを決めて何枚も写真を撮っていました。
日本での良い記念になっていただけたらと思っています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック