佐渡 正法寺 ろうそく能

画像

6月20日(土)に、新潟県佐渡市泉の正法寺(しょうぼうじ)で、ろうそく能が行われました。
正法寺は1月のブログでも紹介しましたが、佐渡に流された世阿弥が住んでいた由緒あるお寺です。毎年ろうそく能が行われ、今年は、観世流能楽師 松木千俊さんが 『井筒』を舞われました。


本堂で行われた能は、幻想的な幽玄な世界を感じ、舞のきれいさ、近くで見る面のすばらしさ、装束の豪華さを見ることができ、感動でした。面は場面で表情が違って見えることの驚き、また、ろうそくの揺らぐ灯りの中で神秘的な感じさえしまいました。
ろうそく能の魅力とすばらしさを知った一夜でした。

画像
終演後、世阿弥が使用されたといわれる、「雨乞いの面」の一般公開がありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック