和の袋

千葉で認定教室をされているU先生は、洋裁関係のお仕事もされています。お客様から帯地などでバックを作ってほしいという依頼があったのですが、初めはバック屋さんではないので、お断りをされたそうです。でも、作ってみたら素敵な感じに仕上がり喜ばれて、いろいろな帯地でデザインも考え作っていると話されていました。

画像

画像
画像






小物作ることが大好きな先生は、着物を作った時の残布、洗い張りをして使わなかった着物地などを使って小袋を作られています。一つ一つ柄の出し方、紐の色、先のぼぼっち?まで考えて作って、お友達とか知り合いの方にプレゼントをして、とても喜ばれているそうです。私もいただいてとても気に入っていて、仕事の時の小物入れ、旅行の時などに重宝しています。


U先生は「簡単に作れるのよ。」と話されています。みなさんも着物生地で、お気に入りの小袋を作ってみてはいかがでしょう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック